お悩み相談室


ここでは渡辺功先生が皆さんのチューバに関するお悩みに回答していただけます。

送信していただいたコメントはまず管理人が確認させていただきますので、すぐには表示されません。

適切な内容だと判断されたものだけが投稿されます。

誹謗中傷や以前投稿されたものと同じような質問、なりすましやチューバに関係ないことなど不適切なものはこちらで判断し表示いたしません。

 

また先生は大変忙しいので返信に時間がかかってしまう場合もありますがご了承ください。

それでは皆さんのご質問を待っています!


コメント: 25
  • #25

    めいめい (土曜日, 09 6月 2018 07:51)

    私は低音を吹くとブルブルと振動音がまざってしまい、さらに音も響きません。どうしたらきれいな響く音が出せますか?

  • #24

    渡辺功 (土曜日, 02 6月 2018 22:49)

    そんなに素晴らしく感じるのでしたら良いと思います。
    まあマウスピースを替える時というのはそれぐらいのインパクトが無いと替えませんよね。3ヶ月から半年ぐらい使って最初の感動が消えないようでしたら本物です。

  • #23

    つーば (月曜日, 28 5月 2018 21:58)

    ものすごく吹きやすいマウスピースを見つけました。一発目から高音低音共によく当たりますし発音も明瞭で大好きです。が、こんな一目惚れのかのような安易な決め方でもいいのでしょうか…?

  • #22

    渡辺功 (土曜日, 19 5月 2018 22:48)

    僕も素早くたくさん吸いたいです。
    こうやれば直ぐ吸えるようになります!なんて魔法はありません。
    普段からたくさん吸うように習慣付けましょう。

  • #21

    中尉 (金曜日, 11 5月 2018 23:43)

    息をたくさん、素早く吸いたいです

  • #20

    渡辺功 (月曜日, 07 5月 2018 00:08)

    二つとも同じような質問なので一緒に答えます。
    まず喉を広げるということが良い音に繋がるわけではありません。
    とはいえ喉を広げることは良い音を作るにはある程度は必要です。声を出してみると分かりやすいですが、声を響かせようとすると口の中の容積を大きく取ると声が響くようになります。
    楽器も同じです。
    ついついさんには喉の状態をあくびにすると良いと思います。
    ほいほいさんには喉を開けるために力が入るよりも唇の振動を止めてしまうぐらいの力を入れるより、そこまで喉を開けるよりも振動を止めないように吹いた方が音が響くと思います。

  • #19

    ついついチューバ (土曜日, 05 5月 2018 21:08)

    喉を広げられません。舌根を下げる(?)というような感覚がいまいちつかめません。
    口、喉共に最大限まで空間を大きくしたいです。

  • #18

    ほいほい (土曜日, 05 5月 2018 21:06)

    楽器が響かず「それじゃあ50000円の音だ!」なんて言われました。
    値段はさておき、倍音を増やす、音を響かせるには喉を開けること以外に何が必要なのですか?

  • #17

    渡辺功 (金曜日, 04 5月 2018 20:55)

    中古のマウスピースということですよね?
    でしたらマニアックな品揃えのTuba88に聞いてみてはいかがでしょうか?
    連絡先はググればすぐヒットすると思います。

  • #16

    ぺっ (木曜日, 03 5月 2018 20:21)

    一例としてはカルバートソンモデルの旧型が欲しい(花形に広がっているもの)のですが、もう売っていないマウスピースを手に入れるにはどのような経路がおススメですか??

  • #15

    渡辺功 (土曜日, 28 4月 2018 19:32)

    人間の身体は不思議なものでだんだんと大きい口径に慣れてきます。
    ただマウスピースを変えようという時は今使っているマウスピースよりも良い!と感じるからだと思います。
    あなたが大きい口径のマウスピースを良いと思うということは良い音が出る 吹きやすい等、気に入ってる点があるからですよね?
    雑音が出るのが気になればまだ変えないという選択も出来ます。
    僕もたまにマウスピースを変えて吹いたりしますが、結局 元のマウスピースに戻ったりします。
    また口輪筋を鍛える のは唇や肺や脳のバランスの上でアンブッシャーが形成されているので色々なエチュードや曲をたくさん吹くと良いと思います。

  • #14

    miraphone (月曜日, 23 4月 2018 22:32)

    先日質問した者です
    今まで振動してない部分がしようとする。この際はこのまま吹き続けていれば力が抜けてくるのでしょうか。

    また、口輪筋の鍛え方(?)などありましたらご教授願います

  • #13

    渡辺功 (月曜日, 09 4月 2018 21:02)

    24AWも良いマウスピースです。なにか不満があってマウスピースを変えたのでしょうか?
    リム径が違うと唇の振動部分が当然変わります。小さいものから大きなものに変えると今まで振動していなかった部分が振動を始めようとします。
    前と同じように吹こうとしても無理です。楽に息を入れて自然に振動するようにしてみてください。

  • #12

    渡辺功 (月曜日, 09 4月 2018 20:52)

    自然に割れてしまうというのは困りますね。音量によって変わると思うのですが、大きい音の時に割れやすいと仮定しますね。
    パイプオルガンの低音をイメージしてください。ストップに依って音質が違います。そのように音色をコントロール出来ると良いと思います。

  • #11

    はまーん (月曜日, 09 4月 2018 09:17)

    最近lowCよりしたの音域が自然に割れてしまっているのですが、いい音の割り方などありますでしょうか?プロの人によっては割っているのがかっこよくきこえるので気になります。

  • #10

    miraphone (日曜日, 08 4月 2018 18:55)

    小さめのマウスピース(Bach24AW)で吹くとなんともならないのですが大きいマウスピース(miraphone pt 28)にすると何か雑音のようなものがします。唇全体を振るわせられていないのでしょうか、、、
    使用機はミラフォン 86Aです

  • #9

    渡辺功 (土曜日, 07 4月 2018 10:09)

    まわりと音色を合わせるには 自分の音を硬い音質でなく弾力のある柔らかい音を目指すと良いと思います。

  • #8

    やまりん (土曜日, 07 4月 2018 01:44)

    周りの人のと音色を合わせるのが難しいのですが、どうすればよいでしょうか?

  • #7

    渡辺功 (月曜日, 07 8月 2017 23:50)

    音出しの時からなるべく楽に音を出すように心がけてください。

  • #6

    ゴシマ (月曜日, 07 8月 2017 00:50)

    はじめまして。
    いつも楽器を吹く時つい考えすぎて、結局は気がついたら力んでいます。深く響く音を追求していたことが逆効果になっていると感じる時があります。そんな現状で、特に低音域ですが単純に良い音を出すにはどうしたらよろしいでしょうか?

  • #5

    渡辺功 (月曜日, 31 7月 2017 20:53)

    歯の間から舌を出すタンギングはほぼありません。
    タンギングとは?という説明をするときにわざわざ歯の間から舌を出して説明しますが、実際に音を出すときは歯の裏に舌がつくかつかないかぐらいで発音します。

  • #4

    kuro (日曜日, 30 7月 2017 23:19)

    はじめまして。 
    タンギングについてですが、唇の間に舌を入れてする方法は、歯の裏に付ける方法より良い点が、あるのでしょうか。

  • #3

    kazu (木曜日, 23 3月 2017 21:34)

    ありがとうございました!しっかり耳を使って練習してみます!

  • #2

    渡辺功 (木曜日, 23 3月 2017 21:25)

    先ずその低音がしっかり鳴っているかどうか?確認することです。

  • #1

    kazu (木曜日, 23 3月 2017 20:32)

    こんばんは。低音域の発音が不明瞭になってしまいます。クリアに演奏するためにはどうすればいいでしょうか?